ありがとうメッセージ

   
共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
 
フォーム
 
ファインピープルあゆみ クッキー工房(総社市)
2019-02-28
「冷蔵庫の購入]
クッキーやマドレーヌ、ワッフルを作ることが楽しんで出来て、有難うございます。
毎日元気に、お仕事が出来ます。有難うございます。
 
井原はばたき作業所(井原市)
2019-02-21
[パソコン整備]
最新式のパソコンが購入でき、事務が効率化され助かりました。
助成金をいただくことで、性能の良いパソコンを負担少なく買うことができました。
ありがとうございました。
 
真備かなりや小規模保育園(倉敷市)
2019-02-21
[園庭環境整備]
この度は、共同募金の助成金をいただき感謝しております。
砂場倉庫と手洗い場を設置することにより、子ども達がより安心して安全に生活する環境を整えることができました。
皆様の善意のおかげです。
本当にありがとうございました。
 
ふりこの会共同作業所(岡山市)
2019-02-14
[備品整備事業(プリンタ整備)]
事務所と2階に設置していたプリンタがの調子が悪くなりました。
何枚もまとめて排出されたり、印刷されていなかったり。
唯一A3まで印刷することが出来る事務所のプリンタは、最近では動かなくなり、使うことが出来ませんでした。
共同募金に申請させていただき、この度、プリンタを2台購入することが出来ました。
本当にありがとうございました。
 
岡山県難病団体連絡協議会
2019-02-06
[フォーラム・市民講座等研修会の開催]
研修会等を開催して、医療、行政サービス等の情報を伝えることは、難病患者の方やその家族の治療や心身・生活の不安を少しでも取り除いていくことができます。フォーラムや市民講座・交流会の開催や会報誌での情報提供を続けていくために、助成金を活用させていただいています。
総合病院のお医者様や医師会長様、大学のリハビリテーションの先生等、直接ご指導いただくことが難しい医療関係者の先生にお話をいただくことができました。
ご参加いただいた多くの方から、「勉強になり励みになった。」、「直接専門の先生に質問することができ、よく分かった。」などの感想をいただきました。
今後も難病患者の方のニーズに合った研修会の開催や、情報提供のために会報誌の発行を継続していきます。
ご支援をいただき、誠に感謝しております。
ありがとうございました。
qrcode.png
http://akaihane-okayama.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人 岡山県共同募金会>> 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館3階 TEL:086-223-0065 FAX:086-223-0083