ありがとうメッセージ

   
共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
 
フォーム
 
手毬の里 虹(玉野市)
2019-05-23
[椎茸栽培事業]
NHK歳末たすけあいの配分をいただき、感謝しております。
当事業所(就労継続支援B型)では、障害のある人達が作業(仕事)をしています。A型事業所や一般就労できるように訓練しています。
助成していただき、椎茸等の菌床一式を購入することができました。そのおかげで、多くの椎茸やキクラゲやヒラタケの収穫があり、売上もアップしました。本当に有難うございました。
 
岡山県聴覚障害者福祉協会
2019-05-21
[各部研修会事業:ろう高齢者の集い]
共同募金配分を受けて、平成30年度も「第14回ろう高齢者の集い」を開催することができました。
募金に協力していただいた方、ありがとうございました。
 
[各部研修会事業:おかやま聴覚障害者フォーラム]
共同募金配分を受けて、平成30年度も「おかやま聴覚障害者フォーラム」を開催することができました。
公益社団法人大阪聴力障害者協会の長宗政男氏を講師にお招きし、手話言語条例についての理解を深めるために研修会を開催し、聴力障害者と手話関係者が集まり情報交換を行いました。今後の活動方針について話し合う有意義イな時間となりました。
このような機会をもつことができたことに感謝いたします。
ありがとうございました。
 
[機関紙発行事業]
共同募金配分を受けて、平成30年度も機関紙「ろうあ岡山」の発行事業を行うことができました。
聴力障害者に関わる情報を発信し、一般購読者や関係機関にも発行することにより、社会に対して聴力障害者への理解を深めることができました。
ありがとうございました。
 
岡山県母子寡婦福祉連合会
2019-05-21
[母子寡婦福祉研修大会、広報誌しらゆり発行、HP広報事業]
岡山県母子会は、ひとり親家庭と寡婦を支援する福祉団体で、団体設立から60年以上の歴史があります。
助成金をいただくことで研修会を開催し、行政担当者を招いて支援制度の勉強をしたり、会の活動をもっと知ってもらえるように機関誌を発行することができました。
ありがとうございました。
 
岡山県老人クラブ連合会
2019-05-21
「平成30年度(第43次)岡山県老人福祉大学」
平成30年度も受講生が増え、また毎年継続して受講して下さっている方も増えており、好評のうちに事業を終えることができました。
様々な分野の魅力ある講師を招聘することができ、また、受講生の増加にも対応することができたのも、助成金のおかげです。
今後も内容、運営を検討し、より一層充実した事業になるように努力していく所存です。本当にありがとうございました。
 
岡山県精神保健福祉協会
2019-05-21
[「おかやま こころの健康61号」の発行]
この度、助成金をいただき、「おかやま こころの健康61号」を発行することができ感謝いたしております。
今回は、”自閉症がある人が抱える生きづらさゆえのトラブルと解決(快結)法”をテーマに600部を作成し、配布することができました。
これからも精神保健に関する正しい知識の普及啓発を図り、心の健康づくりを推進するため活動を継続したいと考えております。
募金をしていただたい皆様の善意に深く感謝しお礼を申し上げます。
qrcode.png
http://akaihane-okayama.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人 岡山県共同募金会>> 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館3階 TEL:086-223-0065 FAX:086-223-0083