ありがとうメッセージ

   
共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
 
フォーム
 
福祉移送サービス あじさい(瀬戸内市)
2018-08-10
[福祉移送サービス車両の新規取得]
このたび、赤い羽根共同募金の助成を受け、福祉移送用回転シート車両を1台整備させて頂きました。
ご報告と御礼を申し上げます。
募金をして下さった皆様の温かいお気持ちを大切にし、ご利用者様サービス向上のために大切に使わせて頂きます。
 
ワークス太陽の家(赤磐市)
2018-08-06
[送迎車両整備]
このたびは、ワークス太陽の家利用者送迎車両配備の助成をいただき、ありがとうございました。
車両配備により、ワークス太陽の家へ通所を希望している多くの人達への送迎などでの対応が可能となりました。
整備車両は8人乗りで、室内も広く安全性も高いものです。
これらのことにより、地域で頑張っている障害のある人へより一層の支援が可能となりました。
心から感謝申し上げます。
 
わくわく祇園's(岡山市)
2018-08-03
[入浴サービス整備事業]
ストレッチャーを導入させて頂き、大変ありがとうございました。
利用者の生活向上のため、有意義かつ大切に使用させて頂きます。
 
高野第二保育園(津山市)
2018-07-31
[車両整備事業]
車両整備事業で軽四トラックを助成していただきました。
園外での行事の際、子ども達が使用する道具、荷物等を運搬することが多く、以前は職員が自宅から持参していましたが、使用したいときにすぐ使用でき、とても助かっています。
子ども達も可愛いロゴマーク『愛ちゃんと希望くん』を見て「かわいいな~♡」と喜んでいました。
大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。
 
岡山県原爆被爆者会
2018-07-23
[慰霊事業]
岡山県原爆被爆者会では、原子爆弾の惨禍によってお亡くなりになった原爆被爆者の霊を慰めるため、毎年、慰霊祭を開催しています。
今回いただいた助成金は、慰霊祭係る費用として活用させていただきました。
戦後70年以上が経過し、本会においても会員の高齢化が進んでいますが、今後も県内に在住する原爆被爆者の福祉の向上を図るとともに、犠牲者の霊を慰め、人々が心から安心して生きることのできる平和な世界の確立を祈念し、活動を続けてまいります。
このたびはありがとうございました。
3
qrcode.png
http://akaihane-okayama.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人 岡山県共同募金会>> 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館3階 TEL:086-223-0065 FAX:086-223-0083