ありがとうメッセージ

   
共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
 
フォーム
 
岡山県原爆被爆者会
2019-07-08
[慰霊事業]
岡山県原爆被爆者会では、原子爆弾の戦禍によってお亡くなりになった原爆被爆者の霊を慰めるため、毎年慰霊祭を開催しています。
今回いただいた助成金は、慰霊祭及びその準備等にかかる費用に活用させていただきました。
戦後74年が経過し、本会においても会員の高齢化が進んでいますが、今後も県内に在住する原爆被爆者の福祉の向上を図るとともに、犠牲者の霊を慰め、人々から安心して生きることのできる平和な世界の確立を祈念し、活動を続けてまいります。
このたびは、ありがとうございました。
 
江西桜こども園(岡山市)
2019-07-03
[運動遊びで子どもの体力を育てる(巧技台・軽量ライトマットの購入)]
こども園を子どもが育つ環境にするためには、日常的に使い備品を充実させることが求められます。
このたび、巧技台を中心に運動遊具を整備できたことを大変うれしく思っています。
ありがとうございました。
 
はっぴいひろば・とまとさん家(井原市)
2019-06-18
[高齢者による高齢者の為の食事の提供事業]
少子高齢化の時代と言われていますが、中山間地域では若年層だけでなく高齢者自体も減少している状況です。
当団体は「自分でできることは自分でやる」をモットーに、「高齢者による高齢者の為の介護予防事業」を展開していますが、事業を支えるボランティアスタッフが年々減少を続けており、事業継続が難しい状況となりつつあります。
日々の運営はできる限り自己財源で賄っていますが、大型備品の更新など公的な支援に頼らざるを得ない面もあります。
今後ともご支援を賜りますうようお願い申し上げます。
 
岡山県心身障害児・者家族会 八起会
2019-06-04
[月例訓練会]
平成30年度は、県外の講師を先生をお呼びしたり、訓練をするための会場費等に充てさせていただきました。
また、会員も増えるなど、充実した訓練会を続けることができました。
ありがとうございました。
 
子どもソーシャルワークセンターつばさ(倉敷市)
2019-06-03
[地域全体で子どもを支えよう]
この度は、地域ささえあいプロジェクトを通じ、たくさんの方々に寄付をいただき、ありがとうございました。
寂しい思いを抱えている子どもたちの夕方から夜にかけての居場所と、そして様々な事情により、社会的な経験が不足している子どもたちの経験を支える体験事業を実施することができました。
子どもたちが安心して過ごせる場所であり続け、それを通じて人との繋がりや経験をサポートすることで、これからも地域の子供たちの育ちを支えていきたいという思いで、活動を続けていきます。
qrcode.png
http://akaihane-okayama.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<社会福祉法人 岡山県共同募金会>> 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館3階 TEL:086-223-0065 FAX:086-223-0083