ありがとうメッセージ

   
共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
 
フォーム
 
岡山県民間保育所協議会
2021-05-21
[広報誌「県民保協たより」発行]
配分金を広報誌「県民保協たより」発行費用の一部として使用させていただきました。
「県民保協たより」は、新設園の情報や加盟園で実施した保護者研修会の内容など、子育て中の保護者に役立つ内容を掲載しています。会員と保育施設を利用する保護者、行政機関などに、年2回合計約17,000配布させていいただきました。
令和2年度は予定していた新任研修会を中止しましたが、令和3年度は開催したいと考えています。
引き続き、ご支援のほどよろしくお願いします。
 
マザーリーフ(岡山市)
2021-05-10
[自分生き活き!内観リカバリー研究会]
令和2年度は、世界中コロナ禍という歴史上大きな節目の出発と共存の時代となりました。
沢山のイベント中止が余儀なくされ、感染予防策から活動に制約が入り、その中をどう乗り切るか?生きる知恵との闘いでもありました。
このような時代に、活動を中止せずに開催できたことも、参加者の皆様と活動を応援してくださった皆様のご支援があればこその活動であると感じています。本当にありがとうございました。
これからも、今後の活動を待って下さる方々や、日常生活の中で、周りとの違いに孤立や寂しさを感じている方々に向けて、各々が個性を活かし、「自分を活かし、周りの人たちも活かす」ことをモットーに、思考し、判断、実行の実践の場となる学び合い、活かし合いの場を皆さんと共に創っていきたいと望んでいます。
これからも前を向き、人から人へと繋げる年になりますように。感謝と共に。
 
子どもソーシャルワークセンターつばさ
2021-04-30
[こどもたちの育ちを支えたい~子どもの居場所づくり事業~]
 ※赤い羽根共同募金 地域ささえあいプロジェクト
この度は地域ささえあいプロジェクトを通じ、たくさんの方々にご寄付をいただき、ありがとうございました。
寂しい思いを抱えている子どもたちの居場所と、様々な事情により社会的な経験が不足している子どもたちの経験を支えることができました。
一般社団法人子どもソーシャルワークセンターつばさは、今後も子どもたちの居場所であり続け、子どもたちが安心して育つことのできる地域づくりを行っていきます。
 
はばたけ未来の私
2021-04-30
[社会的養護児の食生活管理スキル習得ワークショップ]
※赤い羽根共同募金 地域ささえあいプロジェクト
このたびは、はばたけ未来の私の若者支援活動の趣旨にご賛同、ご協力をいただき、誠にありがとうございました。
皆様からのご寄付により、参加高校生には、料理テキストや包丁やまな板をプレゼントすることができました。「今後のひとり暮らしで大事に使おうと思います」という参加者の意見にみるように、「健康な食生活」の実践へと繋がることが期待されます。
今回のワークショップに参加した若者は、コロナ感染防止のために、オンラインでお互いの調理場面を共有し、意見交換をし、楽しく交流することを評価する一方で、コロナが収束したら、お互い顔を合わせて一緒に活動することを望んているようです。
これからも若者の意見や希望や思いを大切にして、楽しくかつ役立つ支援を継続していきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
「子ども食堂・えがお」運営委員会(岡山市)
2021-04-27
[子ども食堂]
※赤い羽根子どもと家族への緊急支援活動助成
 
助成金をいただけたことで、コロナまん延対策に要する非接触体温計、マスクなどの用品をそろえることができ、コロナ禍の中でも子ども食堂の開設を続けていくことができました。
また、たくさんのタイルアートの材料を揃えることができ、子どもたちに充実した創作の時間を提供することもできました。
いつもは購入できない牛肉をを使ってのビーフカレーの提供もでき、大変喜ばれました。
ありがとうございました。
 
201911211133348201.png
岡山県を指定した寄付はこちら(ふるサポサイト)から!
<<社会福祉法人 岡山県共同募金会>> 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館3階 TEL:086-223-0065 FAX:086-223-0083