本文へ移動

ありがとうメッセージ

共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

新天地育児院(岡山市)

2024-02-20
福祉車両の整備事業
尊いご寄付に心から御礼申し上げます。
児童養護施設では、様々な事情により保護された児童が暮らしていますが、職員だけでなく、社会全体で児童を見守り育てていただきたいと願っております。
今後共どうぞご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

津山市障害者福祉協会(津山市)

2024-02-20
リサイクル事業をより安全に実施するため老朽化した車両の更新
私たち協会は、リサイクル事業をするための老朽化した軽トラックを助成により新しい車両を購入することができました。
リサイクル事業では、収益金が少なく、独自で新車両を購入することは不可能と考えていました。助成をしていただいたことにより、夢のような新車両を購入することができ、このリサイクル事業への取り組みをより頑張ることができ、また参加者が増えることが期待できます。
この度の助成、本当にありがとうございました。

美作圏域児童家庭センターつむぎ(津山市)

2024-02-20
つむぐEats
※つながりをたやさない社会づくり活動応援助成
助成をいただき、ありがとうございました。
ひとり親家庭や経済的に困っている家庭に対して、月1回食材をお届けしました。宅食を通して地域の中で支援を必要とされているご家庭と繋がりを持たせてもらうことができました。
今後も支援を必要としているご家庭に対して関りを持たせてもらいたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

こだま園芳井ふれあい作業所(井原市)

2024-02-19
利用者送迎用車両整備
この度は共同募金配分金を頂き、ありがとうございました。
車両が1台増えたことにより、円滑な送迎・余暇支援が行えます。送迎車を利用者さんの日々の活動が安心、安全に行えるように大切に活用していきたいと思います。
この度はありがとうございました。

若松園(児童養護施設)

2024-02-13
ミニ修学旅行
今回の旅行は子どもがとても楽しめていただけでなく、自分自身がしっかりしないといけないという意識をもって行動するいい機会となりました。
また、歴史の勉強、公共交通機関の利用、金銭管理など様々なことを体験し、学ぶことができました。
参加した児童からは「教科書に載っている歴史的な建物を見学して、迫力に驚き、感動した。」「慣れない移動で少し疲れたが、色々なところを回ることができて楽しかった。」「小学校の時にコロナで行けなかった京都への修学旅行に行くことができてうれしかった。」という声が聞かれました。
コロナ禍で子どもたちと外出する機会が限られていましたが、子どもと職員で協力して一つのことを成し遂げ、関係を深めることができる良い機会となりました。
1
2
5
1
9
5
TOPへ戻る