本文へ移動

ありがとうメッセージ

共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ほほえみ作業所(玉野市)

2020-02-25
[パソコン・周辺機器整備]
大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。

うらら(岡山市)

2020-02-25
[事務作業円滑化のための事務用品整備事業(パソコン整備)]
NHK歳末たすけあいにご協力くださった全ての方々に心よりお礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

岡山県民間保育所協議会

2020-02-21
[広報誌「県民保協たより」発行、新任保育士研修会]
共同募金配分金を広報誌「県民保協たより」の発行費用と「新任保育士研修会」の開催費用の一部として使用させていただきました。
「県民保協たより」は、新設園の情報や加盟園で実施する保護者研修会の内容など、子育て中の保護者にも役立つ内容を掲載し、会員と保育施設を利用する保護者、並びに行政関係機関へ約16,600を印刷・配布させていただきました。
「新任保育士研修会」では、保育施設で働く予定の保育士等約150名が、保育者としての心構え、接遇(人と触れ合い、もてなす方法)、子どもと一緒に絵本を楽しむ方法について研修しました。
本年度も予定していた活動を無事に行うことができ、感謝しています。今後ともよろしくお願いいたします

玉島学園(倉敷市)

2020-02-20
[石鎚山登山に挑戦しよう](児童養護施設入所児童の体験活動支援事業)
今回初めて愛媛県の石鎚山に挑戦しました。
子ども達は瀬戸大橋に驚き、初めて訪れる愛媛県に胸を高鳴らせ、石鎚山近くの川の色がいつも見ている川の色と全く別物だったことに感動していました。
子ども達は今までの経験を活かしながら、転ばないように気を付けて歩き、疲れている子を気遣って上ることができました。子ど達と一緒に挑戦する経験があるから、日々生活でも子ども達を励ますことができています。
7年目を迎えて登山活動、子ども達は多くの貴重な体験を経験し成長しています。
子ども達の「あの時の登山頑張ったよな」の声で、少しずつ自身につながっていると感じています。
このたびも子ども達の感動体験の為に助成していただき、ありがとうございました。

同舟の園(玉野市)

2020-02-20
[工業用ミシンの整備]
皆様のお陰で、作業も意欲も向上しました。
コツコツとではありますが、がんばって良い物を作っていきたいと思います。
ありがとうございました。
1
2
5
1
9
4
TOPへ戻る