本文へ移動

ありがとうメッセージ

共同募金の助成金は、施設等の利用者の方が使用される備品や送迎用車両の整備費に、また、ボランティア団体やNPOの活動費、そして、各地域のふれあいサロンの活動費にと、様々な活動・事業に活用されています。
こちらでは、共同募金の助成金を受けて事業を行った福祉施設・事業所、団体から届いた「ありがとうメッセージ」を随時ご紹介しています。
※平成26年度~平成29年度の「ありがとうメッセージ」はこちらから。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

新声会

2022-06-13
[第20回発声大会 令和3年度声の集い]
新声会は、喉頭がん、咽頭がん、食道がんなど、咽頭を摘出して音声・言語機能を喪失した方たちが組織した患者会です。
新声会では、先輩会員(発声指導員)から後輩会員・新入会員に第二の声として代用音声を指導訓練する「発声教室」を毎週水曜日に開催して、この訓練で会話の復活を目指し、社会参加を目指す取り組みを続けています。

AKPボラ

2022-06-13
杜と四季と遊ぼうよ~事業
マイクを購入して、ますます活動に力を入れて、みんなのありがとうの輪を広げていきます。ありがとうございました。

城西まちづくり協議会

2022-06-13
[子育てサロン さくらんぼ]
このたびは本当にありがとうございました。皆様のお心遣いに感謝いたします。
これからも、地域の見守り力や子育て力を築いていきながら、住民一丸となり、地域福祉向上を図っていきたいと思います。

子どもソーシャルワークセンターつばさ

2022-06-13
[地域ぐるみで子どもの育ちを支えたい~子どもの居場所づくり事業~]
※赤い羽根共同募金地域ささえあいプロジェクト
この度は、地域ささえあいプロジェクトを通じ、たくさんの方々にご寄付をいただきありがとうございました。
なかなか普段出せない魚も食卓に出すことができました。
アウトリーチ型の子どもの居場所事業に参加した中高生の声を反映し、倉敷と総社の2か所に開催地を広げ、実施することとなりました。
一般社団法人子どもソーシャルワークセンターつばさは、今後も子どものニーズに寄り添い、事業を展開していきます。

はばたけ未来の私

2022-06-13
[社会的養育児の食生活管理スキル習得ワークショップ]
※赤い羽根共同募金地域ささえあいプロジェクト
この度は、「はばたけ未来の私」の若者支援活動の趣旨にご賛同、ご協力を頂き誠にありがとうございました。
若者は「健康に過ごせるように毎日しっかり食べます。もらった本も使って料理をしていきたいです。」「楽しかったので、次回も参加したいと思います。」という声を寄せてくれています。
ワークショップ参加の出会いを大切にして、地域で暮らすケアリーバーの若者への支援も充実してまいります。
これからも、若者の意見や希望や思いを大切にし、若者と相談しながら楽しく、かつ役に立つ支援活動を計画し、実施していく予定です。今後ともご支援くださいますようお願いいたします。
岡山県を指定した寄付はこちら(ふるサポサイト)から!
0
8
2
9
2
5
TOPへ戻る